検索
  • Nobuyoshi Takahashi

NMNを化粧品に配合するときの注意点

更新日:2021年3月22日

ホリエモンがサプリを飲んでいたり、NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)は、いま最も旬な成分の1つです。


なにせ、老化を止めるというアンチエイジングではなく、若返るというバックエイジングが期待されるからです。



人間でのエビデンスはまだこれからという感じですが、ちらほら飲んだ人、塗った人の良い声は聞こえてきます。


ただ、NMNをサプリに入れる場合は問題ないですが、化粧品に配合するときは注意が必要です。




なぜなら、NMNは非常に水に弱いからです。配合してすぐにどうこうという訳ではないですが、6ヶ月とか1年とかの経時で、どんどん分解されていってしまい、最後は0になってしまいます。


だからしっかり有効量を維持するためには、回転の速い化粧品に使用するか、リポソーム化・PDS化など脂などに包むことで、水分と触れにくい処方にする必要があります。


閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示