検索
  • Nobuyoshi Takahashi

エクソソームを化粧品配合する場合の注意点

更新日:2021年3月22日


ヒト幹細胞上清培養液(以下 ヒト幹)に変わる原料として、いま注目のエクソソーム。


実際に、ヒト幹からわずか0.5%しか取れない、希少で高価な成分です。



エクソソームはヒト幹原料にも含まれているため、いままで”ヒト幹配合”を売りにしていた化粧品を、”エクソソーム配合”として売っているケースもあります。

もちろん、ウソではありませんが、全成分や配合量などをしっかりチェックしてからの購入をおすすめいたします。


エクソソームを配合した化粧品をいくつか作ったり、使ったりしていますが、注意しないといけない点があります。


もちろん”エクソソーム配合”というだけで、とてもキャッチ―で、売れる匂いがするのですが、期待させた以上の効果がないといけません。


その点、エクソソームはエビデンス上も非常に優れた抗炎症効果などがありますが、他の原料と組み合わせてこそ最高のパフォーマンスを発揮します。



あくまでもエクソソームは基礎でなく、応用の原料です。

伝達物質の目的が強い。


基礎がしっかりしてないことには応用は役には立ちづらいのがこの世の常です。

だから、基礎中の基礎である、ミトコンドリア活性化成分でATP産生を増やすことをまず押さえます。そして、最終的に新しい肌細胞を作るのに必要な素材を入れておくこともとても大切になります。


この組み合わせによって、エクソソームのパワーを十分に活かすことができるのです。基礎を押さえれないと、これだけの高価な成分をせっかく配合しても、宝の持ち腐れになってしまいます。化粧品のOEMを作る時は十分気を付けてください。




閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示