検索
  • Nobuyoshi Takahashi

テラヘルツ原料を扱う場合の注意点


弊社でも、テラヘルツ鉱石を使った美容機器を開発したり、テラヘルツ鉱石を化粧品に配合したり、色々な素材にテラヘルツ照射をしています。


もちろんすべて人体に取って有用ではありますが、1つ注意したい点があります。それは、物によって強さの差がかなりあるということです。


日本にもテラヘルツ照射をしてくれる会社はいくつかあります。ただ照射方式だと、いままで強いエネルギーを入れれるところには、なかなか出逢えたことがありません。


人間の身体は以外と鈍感ですので、変化が簡単にわかるのは、味覚のものや、腸内に作用するものなどです。化粧品の瓶や水などにも照射可能ですが、劇的な差は感じにくいと思います。


そこでおすすめなのは、鉱石(シリカ)を焼いて、鉱石自体がテラヘルツ波を放射するようにした原料です。こちらの原料を、使って植物などを育てると、そのパワーの差が歴然とわかります。また化粧品に配合しても、育毛や肌の治癒などにおいて、強い効果が現れます


テラヘルツは副作用もなく、体に優しく、好きな加工技術ですが、強弱があり、その強弱は現代の測定機器ではなかなか測定しづらいということだけ、OEMを開発する場合は気を付けてください。

閲覧数:192回0件のコメント

最新記事

すべて表示