検索
  • Nobuyoshi Takahashi

水溶性プロテオグリカンを化粧品配合するときの注意点

更新日:2021年3月22日


プロテオグリカンとは、糖とタンパク質の複合体で、サプリや化粧品の配合原料として有名です。弊社でも、たくさんの配合実績があります。


エビデンスももちろんしっかりありますが、実際に高濃度で配合したときのお客さんの使用感、効果実感の高まりは見逃せないものがあります。


水溶性プロテオグリカンは、サケの鼻軟骨や、鮫などから摂取したものをよく使用しますが、その際にひとつ注意点があります。



実はこのことは、プラセンタ、コラーゲンなどたんぱく質系の成分には、全て当てはまることです。それは非加熱製法であることです。


生の卵を加熱すると、ゆで卵になってしまいますね。このようにタンパク質は非常に熱に弱く、割と低い温度で変性してしまいます。


中に含まれる様々なたんぱく質成分も失われてしまいます。世の中には加熱製法の水溶性プロテオグリカンも出回っていて、これも良い成分ではあるのですが、満足度の行く効果をしっかり求めるなら、非加熱製法の水溶性プロテオグリカンを使用してください。


弊社では非加熱製法の水溶性プロテオグリカンを化粧品のOEMには基本的に使用しております。



閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示